0120-69-1040
  • HOME
  • サービス
  • 公共・産業用自家消費型発電システムについて

サービス

公共・産業用自家消費型発電システムについて

「自家消費型太陽光発電」とは、太陽光発電システムで発電した電力を電力会社に売るのではなく、自分で消費するものです。

高騰し続ける電気代、BCP、環境問題への対策に。

電力の自家消費実現を東洋ソーラーがお手伝いします。

これまでの売電価格(買取価格)の推移

これまでに太陽光発電の売電価格はどのような推移を辿ってきたのでしょうか。
「年々下がってきている」ことまではご理解されてる方は多いと思いますが、具体的には以下のように推移しています。

電気代は上がる?

原油価格高騰、賦課金上昇、などの影響から電気料金は上昇の一途をたどっています。

電気は買うよりも創って使う自家消費型太陽光発電がおすすめ

発電した電気を全て買い取る「全量買取契約」と、発電した電気をご自身で使用して余った電気を販売する「余剰電力買取」の2種類があります。

「自家消費型」太陽光発電システムは、条件に合った設置場所を検討できます。

工場や倉庫の屋根に

工場や倉庫などの建物をお持ちの事業者の方におすすめです。耐荷重対策による補強工事の要・不要を検討したうえで施工できます。

駐車場でカーポート型を

屋根のない来客用、あるいは従業員用の駐車場スペースがあれば、カーポート型がおすすめです。雨天時の雨よけ、夏場の遮熱効果など、駐車場利用者の満足度向上にもつながります。

このように、太陽光発電システム+蓄電池システムを併用することで、ほとんど電気を買わずに済む「自給自足生活」を手に入れることができる画期的なシステムが開発されました。
また、このシステムは家計のお役立ちだけではなく、災害時や突然襲ってくる停電にも強いお家を手に入れることができるのです。

PAGE TOP