0120-69-1040
0120-69-1040

COLUMN 知っトク情報COLUMN 知っトク情報

【ソーラーシェアリング】農業の経営安定にも、太陽光発電を有効活用!

 

再生可能エネルギーへの関心の高まりや、農業経営の安定化・規模拡大等の必要性から、近年ますます注目されるようになった「ソーラーシェアリング(営農型発電)」。

令和2年3月末時点で、全国約2,600件(※)の農地一時転用許可が出されており、今後も拡大していくと見込まれています。

※出典:農林水産省Webサイト

 

 

 

ソーラーシェアリング(営農型発電)とは?

農地に太陽光パネルを設置してその下で農産物を生産する、太陽光を農業と発電事業とで共有する取組みのことです。

 

出典:農林水産省Webサイト

 

メリットは?

売電による収益化発電した電力の自家消費利用など、農業経営者の収入拡大・安定化が図れます。

ソーラーシェアリングは条件を満たせばFIT(固定価格買取制度)による全量売電も可能で、現在注目されている発電の取組みです。

 

どうやって進めるの?

 

  1. 農地の一時転用相談・申請
  2. 営農計画の策定
  3. 各種申請
  4. 工事~事業開始
  5. 各種報告

大まかに、上記6つの段階に分かれます。

 

特に、太陽光パネルを設置したい農地が、以下の3つの条件のいずれかに該当すれば一時転用申請が可能です。

  1. 担い手が所有する農地の場合
  2. 農用地区域内を含めて荒廃農地を活用する場合
  3. 農用地区域外の第2種農地or第3種農地を活用する場合

 

また、太陽光パネルを設置したい農地での「営農の適切な継続」が確実かどうか、といった点もポイントになります。

 

注意点は?

関係法令を遵守することはもちろんのこと、発電設備の撤去・処分についての適切な計画費用の積み立てなどが必要でしょう。

そして何より、地域の方々としっかりコミュニケーションを取りながら、ソーラーシェアリングに理解を得ることも重要です。

 

また、売電の申請には国や各電力会社の定める申請期限があり、それに間に合わない場合は当該年度の売電単価が確保できなくなる場合があるため、注意が必要です。

 

最後に…

島根・鳥取エリアでソーラーシェアリングにご興味のある皆様!

FIT(固定価格買取制度)による全量売電や、農地一時転用申請に係る諸条件など、ご相談・ご不安事について、是非一度お話をお聞かせください。

 

まずはしっかりとご状況等をお伺いし、お客様のための最適なプランを検討いたします。

 

弊社では、こうした新しい取り組みに対しても積極的に提案をすることで、再生可能エネルギーの普及、山陰地域の活性化・地域貢献に寄与してまいります。

 

PAGE TOP